NISについて


1964年、名古屋の外国人駐在員達が自分の子ども達の教育の場を求めて奔走し、小さな学校を作りました。名古屋国際学園(NIS)のはじまりです。半世紀後、 NISはプリスクールから高等部まで、30カ国330名の生徒を擁する、この地域随一のインターナショナルスクールへと成長しました。国際的な教育認定機関の認可を受けたカリキュラムのもと、個性、創造力、論理的思考力を備え、地域及び国際社会に貢献出来る人間の育成を目指しています。

 


探究を通して考える力と生きる力を育む

プリスクールとキンダーガーテンでは、子どもが毎日の生活の中で疑問に感じたり興味を持ったことを「探究」しながら、自らを取り巻く世界への理解を深めてゆくレッジョ・エミリアの理念を、国際バカロレア初等教育プログラム(PYP)に取り入れています。例えば「どうして雨が降るの?」といった素朴な疑問に、 科学的な正解を与える事にとどまらず、子どもが自分で考え、話し合い、答えを探す過程を大切にしています。小学部に入ると、通常の授業に加え、またはオーバーラップする形で広がる探究の対象は、社会の仕組みや自然の摂理、地球環境にまで及びます。本で調べる、専門家の話を聞く、見学する、実験する、プレゼ ンする、と学習の場は教室内に留まりません。常に好奇心いっぱいの生徒達は、多様な個性と文化が織りなす豊かで独特な環境の中で日々学ぶ喜びを味わい、互いの価値観を尊重すること、共存することの大切さを知り、生きる力を身につけてゆくのです。


互いを認め、切磋琢磨する卓越した学習環境

世界水準の教育プログラムとして知られる国際バカロレア。中でも厳格な審査基準をクリアした者だけに授与されるディプロマ資格は、大学レベルの学習に対応し 得る実力が備わっている証として、世界中の大学から高い評価を受けています。NISでは11年生から履修するIBディプロマ・プログラムでディプロマ資格の取得を目指しますが、9年生からのIB準備コース、更に中等部においても、論理的思考力を鍛え、自主性と責任感を持って問題解決にあたる姿勢を育むことに力を注いでおり、幅広い知識と深い洞察力、論理的な思考力、分析力、表現力が不可欠なディプロマ・プログラムに備えます。中等部、高等部共に、高い学力を要求される高度な学習プログラムである一方で、のびのびと自己表現ができるおおらかな環境も特徴で、その中で生徒達は自己と向き合い、目標を見いだし、 夢の実現に向けての一歩を踏み出します。世界各国からの優秀で経験豊富な教師陣が連携し、一丸となって生徒をサポートします。


文武両道の全人教育

Model United Nations(模擬国連)、Habitat for Humanity、更にはスポーツや芸術活動、奉仕活動に広く参加することで、健全な心身と広い視野を持った思いやりのある人間の育成を目指しています。 中等部から参加できるクラブ活動はシーズン制で、バスケットボール、サッカー、バレーボール、野球/ソフトボールなど、一年を通して様々なスポーツに参加出来る他、ミュージカル、演劇にも力を入れています。


生徒の実力に合わせたきめ細やかな日本語クラス

英語をアカデミック言語としていても、日本語の保持と向上は重要です。日本語のクラスは学年毎に3段階のクラスに分かれており、レベルに応じて確実に日本語力を向上させます。ネイティブクラスは、日本の学校における該当学年と同等の力を身につける授業を行なっています。


日本から世界に羽ばたく人材を

殆どの生徒がアメリカ、イギリス、カナダなど英語圏の大学に進学しますが、日本の大学への進学も可能です。これまでは、英語での授業のみで学位が取得出来る 日本国内の大学、学部が限られていましたが、文部科学省の国際化拠点整備事業(グローバル30)により、名古屋大学、東京大学、大阪大学なども、一定の条件のもと日本国内のインターナショナルスクール卒業生にも門戸を開きつつあります。日本でも世界でも、世界水準で物事を捉え、貢献出来る人材が必要とされているのです。
 

入学は年間を通して随時可能です

願書及びその他の必要書類をご提出頂きましたら、書類審査の後、ご家族で教頭との面接にお越し頂きます。審査に時間がかかる場合もありますので、ご帰国が決 まられましたら早めに書類をご提出下さい。なお、書類審査により充分な学力をお持ちであると判断した場合には、面接前でも特例として条件付きで仮入学許可を差し上げる場合もございますのでご相談下さい。学校見学のお申し込み、資料のご請求、その他ご不明な点などございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

2017-18 ADMISSIONS WAITLIST

すでに定員に達した学年、もしくは間もなく定員に達する見込みの学年があります。該当の学年が満席の場合には入学審査の上、ご入学を保留(Wait-pool)とさせて頂いております。詳しくはこちらをご覧下さい。

2017-18 ELC WAIT-LIST

2017-18学年度のELCプリスクール、キンダーガーテンは定員に達しました。今後お受け付けするお申し込みは審査の上、「入学保留」(Wait-pool)となります。詳しくはこちらをご覧下さい。

2018-19 ELC PRESCHOOL ADMISSIONS

2018-19年度プリスクール3歳児クラス*の入学お申し込みは、2017年9月1日から受け付けます。詳しくはこちらをご覧下さい。
*2014年9月1日〜2015年8月31日生まれの方が対象です

Data

(2016年9月1日現在)

創立 1964年
生徒数 386名
生徒の出身国籍 36カ国
教師数 60名
教師の出身国籍 11カ国

設置学部

幼児教育部(3ー5歳)
小学部(1-5年生)
中等部(6-8年生)
高等部(9ー12年生)

認可

米国西部地域私立学校大学協会(WASC)
国際学校協議会(CIS)
国際バカロレア機構(IBO)

 

授業時間

 


月・火
木・金



ELC


8:20
I
3:15


8:20
I
1:55


小学部


8:20
I
3:20


8:20
I
2:00


中等部


8:20
I
3:25


8:20
I
2:05


高等部


8:20
I
3:25


8:20
I
2:05

 

お問い合わせ・学校見学お申し込み

 名古屋国際学園 渉外開発室
 admissions@nis.ac.jp
/ 052-736-2025
 463-0002 名古屋市守山区中志段味南原2686

 MAP/ACCESS

 

powered by finalsite