Raymond Building Renovation: Phase 1 (2004)

 

日本語はこちら

After months of planning, NIS embarked on a five-phase facilities revision with the successful completion of “Phase 1” in the fall of 2004, which culminated with a celebration of the school's 40th anniversary.


Construction started immediately after school finished in June, 2004, continued throughout the hot summer, and finished just in time for school to open a little later than usual, on Sept. 15. Maintaining the circular shape, the new building helped modernize the school and better cater to the needs of the current school community while utilizing the original design by Antonin Raymond in 1967.
 

The biggest changes were: (1) moving the library to what was called the MPR at the time (the area in the middle of the building; and (2) pulling the administrative offices out and up to a two-floor section on the outer-ring. These changes were actually, however, a return to the original concept of Raymond to maximize the available space through flexibility. The ECP building (Early Childhood Program) was also completely renovated at this time.
 

Through the ingenious use of sliding glass doors on both sides of the stage, the space was now able to be used as both a part of the new library and also as a performance area looking out into the new “Commons” cafeteria. The 2-floor administrative area allowed for increased classroom space along the inner circle. Other changes included rooms in the high school for small group work and collaboration space; school-wide air-conditioning (!), heating and wireless school-wide high-speed internet opened up the entire campus for all students to utilize for the first time.
 

On November 29, 2004, Aichi Governor Masaaki Kanda visited NIS to "officially" complete the Phase 1 Project and celebrate the school’s 40th Anniversary by placing the final “L” on the school sign in the front. Kanda was joined by Head of School Charles Barton, the NIS Board of Directors and Trustees, the "Phase 1" architects, and special guest Motohisa Furukawa, then a member of the Diet. The High School Student Council led the all-school assembly to give thanks from the students and to cut the 40th anniversary cake! We are especially grateful to Governor Kanda for being the second sitting governor to visit the school.

With the completion of Phase 1, NIS moved closer to the campus first envisioned in 1966. We thank everyone in the NIS community for supporting the project!

 

Phase 1 Photos

Phase 1 Photos

レーモンド・ビル改修:<第1期施設改修>(2004)

NISが長く検討を重ねてきた5期に及ぶ長期開発計画は、<第1期施設改修>(レーモンド・ビルと幼児教育棟改修)の成功から正式にスタートしました。2004年秋の<第1期>完了は、創立40周年祝いと相まってNISにとって記念すべき出来事となりました。

2004年6月、夏休みに入ると同時に着工、暑い夏の間に工事を進め、新学期の始まる9月15日に無事オープン致しました。新しいレーモンド・ビルはアントニン・レーモンドにより1967年に設計された円形のデザインはそのままに、NISをより一層学校コミュニティの要望に沿った近代的な学校に変える一翼を担いました。

もっとも大きく変化したのは図書館を建物の中央部(旧MPR)へ移動したこと、そして校長室などオフィスの一部を外円の2階部分へ移動したことです。実はこうした変化は限られた空間を柔軟に利用するというレーモンドの元々のアイディアへの回帰とも言えるものでした。幼児教育棟もまた同時期に全面改修されました。

ステージ前後にガラスの可動式ドアを設置するという工夫により、ステージは新しい図書館の一部として使うことも、新しいカフェテリア(コモンズ)でパフォーマンスに利用することも可能となりました。また、オフィスの一部を2階に移したことにより、内円により多く教室を配置することが出来ました。その他の改善点はグループ学習や共同作業用の部屋を高等部に設けたこと、全校への冷暖房の設置、そして初めて全校生徒の無線高速インターネットアクセスを可能としたこと等です。

2004年11月29日、<第1期施設改修>の完成と創立40周年を祝う式典にご列席頂いた神田真秋愛知県知事により、レーモンド・ビル入口にある学校名の最後の「L」が加えられ、プロジェクトが完了致しました。学校長のチャールズ・バートン、NISの理事および評議員、第1期施設改修の設計士が出席した式典にはさらに、来賓として古川元久衆議院議員にもご出席頂きました。高等部生徒会が中心となり全校生徒より謝辞が述べられ、創立40周年を記念したケーキカットも行われました。NIS創立時の桑原知事に続き、二人目の現職知事としてNISにお越し下さいました神田知事のご支援に心より御礼申し上げます。

<第1期施設改修>が完了したことで、NISのキャンパスは1966年当初の構想により近づくことが出来ました。プロジェクトを支えて下さったNISコミュニティの皆様に感謝申し上げます。