Field & Playground Renovation: Phase 2 (2006)

 

日本語はこちら

During the summer of 2006, NIS embarked on the last major fundraising campaign for a facilities improvement project, now already over a decade old. After the renovation of the original Raymond Building and Early Childhood Building in 2004 (called Phase 1 at the time), it was time to turn attention to the sports facilities around the school, including the sports field and elementary playground area.

For 30 years, NIS sports teams played on the same dirt field; a definite improvement over the original parking lot-turned-court that early alumni fondly remember from the early 1970s. Over the years, however, erosion caused the dirt sports field to deteriorate in quality, slowly washing away with each heavy rainfall. Indeed, safety was becoming an urgent issue, not to mention the limitations put on both the PE curriculum and extra-curricular activities.

Phase 2 – the Athletic Field and Playground Campaign – provided modern athletic facilities for students across all grade levels and significantly improved the extra-curricular capacity for the secondary students. The project provided a FIFA regulation-size field for soccer, a wider space for baseball/softball and three half-court basketball spaces, while accommodating parking for special events if needed, as well. In addition to all of the work on new retaining walls, the elementary playground equipment was replaced, and the playground was also resurfaced with a softer, bouncy surface, allowing for safer use of the area used by elementary children.  A fitness center, also made possible through a significant donation, helped improve the PE curriculum and training for Dolphin athletes to be in top shape.

The fundraising was so successful that the bonus wish-list item of a two-story “Fieldhouse” was built to provide an outdoor bathroom, athletic equipment storage and a meeting space for the PTA.

That was then, but the reality of now is that the field has become difficult to play on due to the wear and tear of 13 years, and with new, safer turfs available, a re-do of the turf on the field has become part of a wish-list of the 2020 Vision Project. Also, it is the hope that a successful 2020 Vision Project will enable the Fieldhouse to be returned to its original purpose since it has been necessarily utilized as classroom space for the past two years.

Phase 2 Photos

運動場・プレイグラウンド改修:<第2期施設改修>(2006)

2006年夏、NISは老朽化した施設を改修するため、長期的学校施設改修計画の最後を飾る寄付金募集キャンペーンに乗り出しました。2004年にはレーモンド・ビルと幼児教育棟が改修されましたが(第1期)、今期は運動場と小学部プレイグラウンドを含むキャンパス周囲の整備に焦点が当てられました。

30年もの間、NISのスポーツチームは土の運動場で競技を行ってきました。1970年代初頭に在籍した卒業生たちにとっては懐かしい、駐車場を改造したバスケット・コートとは雲泥の差とはいえ、時の流れと共に風雨に侵食された運動場は、豪雨の度に土が流され、体育のカリキュラムと部活動が制限されることもさることながら、とりわけ安全性の確保が緊急の課題となっていました。

<第2期施設改修>(運動場・プレイグラウンド改修)は全校生徒に近代的な運動施設を提供し、格段に多くの中・高等部の生徒が部活動に参加出来るようになりました。本プロジェクトにより国際サッカー連盟の基準を満たしたサッカー場、拡張された野球兼ソフトボール場、3つのバスケットボール用ハーフコートが完成し、そのうえ特別な行事の際に使用可能な駐車スペースまで整備されました。さらに運動場の新たな擁壁に加え、小学部プレイグラウンドの遊具は新しいものに、地面は柔らかく弾力性のあるものに置き換えられました。この改良により小学部の生徒たちがより安全に遊ぶことが出来るようになりました。また、あるご家族のご寄付によって実現したフィットネスセンターのおかげで、体育のカリキュラムやスポーツチームの選手たちのトレーニングに活用することが可能になりました。

皆様のご支援のおかげで本キャンペーンは大成功を収め、2階建てのフィールドハウスまで建設することが叶い、トイレ、用具庫、そしてPTA活動専用の部屋が作られました。

それから十数年が経過した今、生徒が駆け回った運動場は擦り切れ、NISは再び苦境に立たされています。多くの皆様にご支援いただくことにより、東棟校舎建設に加え、運動場を最新式の人工芝に敷き換えることが可能になるかもしれません。本プロジェクトに多くの皆様のご支援を頂ければ、2年前から教室としての利用を余儀なくされているフィールドハウスも、本来の使用用途に戻すことが出来ると期待されています。