大学進学カウンセリング

大学進学カウンセリングに関するご質問はこれまで同様、カウンセラー(日本の大学海外の大学まで直接ご連絡ください。生徒の皆さんは、大学の合格状況、進学予定について必ず学校へ知らせてください。
 
10年生には大学進学計画ソフトウェアをご案内します。通常授業の再開時に不明な点があれば質問できるよう、実際にソフトを使ってみてください。不明な点があればカウンセラーまでご連絡ください。
 
心身の健康のために

  • 必要な時は助けを求めましょう
  • 自宅での学習スペースを設けましょう
  • 自分の健康は自分で管理しましょう(衛生、ソーシャルコミュニケーション、適度な休憩、栄養のある食事)
  • ランチタイムや休憩時にはコンピューターを閉じ、画面を見ない時間をとりましょう

 

 

保護者に求められること

  • お子様の担当教師とはメールで連絡を取り合ってください
  • 教師は早急に返信をする努力をし、届いた全てのメールに24時間以内に受信確認をご連絡します
  • 中等部の生徒は保護者の皆さまからのより手厚いサポートが必要です
  • お子様方が自立した学習能力を身につけられるよう、保護者は状況に応じ可能な限りサポートをしていただきますようお願いします。
  • 保護者として最も適切なサポートは、お子様の課題を手伝うのではなく、お子様が課題を理解しているか、必要に応じ教材、課題にアクセスできているか、適切な学習スペースが確保されているかをご確認いただくことです。
  • 完了した課題の提出の仕方がわからない場合は手助けをお願いいたします
  • 保護者にお願いする事柄についてご協力をお願いします(欠席連絡、低学年のお子様の課題の提出など)
  • お子様が体調不良によりオンライン学習に参加することが難しい場合はoffice@nis.ac.jpまでご連絡ください。その際、必ずお子様の担任教師にもCCしてください
  • お子様が他の理由によりオンライン授業に参加することが難しい場合は、本人から担任教師と副教頭に連絡するよう促してください。お子様ご自身から言い出しにくいようでしたら、必要に応じて適切な担当者にご連絡ください

教師の責務

  • 児童保護の観点から、教師と生徒間のコミュニケーションは学校のシステム上でのみ行います
  • 保護者と生徒からのメールは勤務日であれば24時間以内に受信確認をご連絡します
  • 教師への連絡可能時間は月曜日から金曜日の午前8時から午後5時です
  • 課題の提出期限は常に学校時間内(午前8時10分〜午後6時)とし、生徒と教師間のコミュニケーションもその時間内のみで行います
  • 教師は必要に応じて、学校管理職または生徒支援部へ連絡します
  • 教師は生徒のクラス参加を記録し、もし連絡がとれない、あるいは課題を提出していない場合は保護者に連絡します
  • 授業に参加していない生徒は、毎週Google Formを通して把握の上、生徒支援部か副教頭、あるいは双方からフォローアップいたします
  • 教師は生徒の自立する力を育成します。生徒は、常に誰かが見ていなくても、自分で時間を管理し課題を完了するスキルを身に付ける必要があります
  • 教師は生徒の発見する取り組みを育成します。生徒は自分の学習スタイルに最適な学習方法を探してください
  • 教師は生徒の問題解決の能力を育成します。他の生徒と対等に意見交換をする力をつけるため、あるいはコミュニケーションの上達のために、生徒は媒体を使って他の生徒に質問をしたり支援を要請し合ったりすることができます
  • 担当教師は定期的にクラス内や小グループ内で生徒と交流します

コミュニケーション

  • 学校からの保護者宛の全てのメールはiSamsを使って送られることとします
  • 教師はアプリケーションを使用する際、学校のGoogleアカウントでログインすること とします
  • 生徒は教師とのコミュケーションにはNISのメールアドレスのみを使用します
  • 教師は生徒が質問をするために使うフォーマットを用意します
  • オンライン授業に関するご質問は、HaikuのFAQ Google Formをご利用ください
  • 教師は生徒支援部および副教頭とコミュニケーションをとります

 
オンライン授業を開始するにあたって

オンライン学習の開始に向けて、必要なリンクと資料にアクセスするには、Haikuのクラスページをご覧ください。他の情報につきましては、こちらのHaikuのページをご覧ください。ログイン情報がお分かりにならない場合は、テクノロジー・コーディネーターまでご連絡ください。

 

Online Learning Links

News